女性ホルモンでムダ毛の抑制?

女性ホルモンでムダ毛の抑制?

ムダ毛の処理を考える時に、遺伝や個人の体質にもよりますが、体毛が濃い、薄いという特徴に男性ホルモンと女性ホルモンという性ホルモンが少なからず関わっていることがあるようです。

 

最近、男性並みに忙しく働いている女性の中には、体毛が濃くなった、口ひげが生えるようになったなど、「働く女性の男性化」という問題があるようです。

 

女性ホルモンは、ストレスや生活習慣で影響を受けやすく、例えば、男性と同じように責任ある仕事を任されて日常的に強いストレスを感じている方、たばこを吸う方、塩分が多い食生活や不規則な生活を送っている方などは、女性ホルモンのバランスが崩れて、その影響でムダ毛が濃くなる、いつもイライラするなどの影響が出てしまうようです。

 

60歳前ぐらいの時期は、女性の場合には閉経のため、女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、様々な不快な症状がおこります。

 

この不快な症状を更年期障害と呼んでおり、この時期は体調を崩すという方や、イライラする、めまい、ヒステリーなどの症状を訴える方も多く、女性だけではなく男性も更年期障害になるという方もおられます。

 

女性ホルモンは、体毛の濃い薄いなどの身体的な特徴だけではなく、このように体の調子を整えるということでも大切な役割を持っていますから、ニューハーフの男性は、身体的な特徴を女性に近づけたい、ムダ毛の処理が大変だからという考えで、女性ホルモンの注射を打つという方もおられます。
深刻な副作用などで体調は崩すのだけど、身体は女性らしくありたいという理想があるので、大変な葛藤をされるという方も多いようです。

 

このように体のムダ毛にも大きな影響を与える女性ホルモンですが、大豆イソフラボンという物質を含む食品を摂取することで、女性ホルモンと似た働きを得ることができるようです。

 

30代以降の年齢の方など、女性ホルモンのバランスが気になる方は、この大豆イソフラボンが含まれている食品を積極的にとることなどで、ムダ毛の処理が楽になるだけではなく、体の調子をととのえる、ストレスや不規則な生活で崩れた女性ホルモンのバランスを元に戻すなどの効果が期待できるようです。

 

大豆イソフラボンを多く含む食品には、納豆、豆乳、お豆腐、きなこ、大豆などが挙げられますから、朝ごはんはかならず大豆を1パック食べるなど、食生活の中に積極的に取り入れるようにしましょう。

 

食品でとることが難しい場合には、サプリメントでも摂取することができますから、手軽にできる女性ホルモン対策として取り入れてみたいですね。

カテゴリ

最新記事


カミソリや脱毛などで苦労してムダ毛の処理をした後は、なるべく長い期間その美しいムダ毛のない素肌をキープしたいと思いますよね。

ムダ毛を予防するためには > エステと自己脱毛 両方の考え > 女性ホルモンでムダ毛の抑制?