ご家庭で簡単に作れる抑毛ローション

ご家庭で簡単に作れる抑毛ローション

ムダ毛が生えてくるのを抑える成分のひとつである大豆エキス、ドラッグストアやネット通販などで販売されているローションはこのような抑毛成分を配合した商品が多く販売されていますが、正直、お高いですよね。

 

抑毛ローションの金額はだいたい2,000円から、いものになると5,000円ぐらいするものもありますから、ムダ毛を抑えるためとはいえおサイフに痛いですよね。

 

夏場であればムダ毛の処理は1週間に1度は行いますし、そのたびにローションを消費していたのでは、何度も買いなおす必要もありますし、抑毛ローションは、お風呂あがりなどに毎日塗ると良いというのもあるのですが、毎日、広範囲の脚などに塗っていたらすぐになくなってしまいます。

 

なかなかいい値段がついているこの抑毛ローションは、ご家庭で手作りができるので、時間がある時に作っておいて、ムダ毛の処理後のお肌ケアのために使うというのも良いですね。

 

材料は無調整の豆乳1パック(200ミリリットル)と、レモン1/2、ホワイトリカー(無水アルコール)を60ミリリットル、たったこれだけで作ることができます。

 

他にも調理器具として、大き目の鍋、鍋で湯銭ができる程度の小さなボウル、温度計、そしてローションを入れるスプレー容器などがあると良いですね。

 

作り方は、まずは大きめのお鍋にお湯をわかし、そのお湯に小さ目のボールを浮かべて、豆乳を湯銭にし、豆乳の温度が70度になったらレモンを絞り、ホワイトリカーを入れます。

 

その後、かきまぜてから5分ほど豆乳を冷まして、キッチンペーパーでこの豆乳を濾してからローション用の容器につめかえます。

 

豆乳とレモン、無水アルコールという成分しか使用していませんが、まれに肌に合わずにかぶれを起こしてしまう方もおられますから、まずは二の腕などのお肌が比較的弱い部分でパッチテストをして試してみてから、大丈夫であれば体全体に使用するようにしましょう。

 

匿名掲示板の美容板と呼ばれるところでも話題になっており、基本的な作り方は同じですが、無水アルコールの代わりに消毒用エタノールを使うバージョンなども紹介されていますから、検索をしてチェックをしてみるのも良いかもしれませんね。

 

ご家庭でできる手作りの抑毛ローションは、原料は普通の豆乳ですから、しばらく利用していてレモンの香りが消えて変なにおいがしてくる、固形物が浮いてきたら新しいローションに取り換え時です。

 

ムダ毛の処理でお肌が荒れてしまう方や、男性の方で濃いヒゲに悩んでいると言う方も、安い材料でご家庭で簡単に作れますから、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

最新記事


カミソリや脱毛などで苦労してムダ毛の処理をした後は、なるべく長い期間その美しいムダ毛のない素肌をキープしたいと思いますよね。

ムダ毛を予防するためには > エステと自己脱毛 両方の考え > ご家庭で簡単に作れる抑毛ローション